肩の痛み 肩の精密な構造と機能

HOME | 肩の痛み 肩の精密な構造と機能
「肩関節」は、複数の関節によって構成されています。
肩関節の構成に関わる複数の関節がそれぞれきちんと機能して、正常に腕を動かすことを可能にしています。
 
広い範囲からの影響を受けているため、治療は広い視野が必要になり、
足から頭、反対側の手、目などの眼球運動も状態によっては、検査と治療を必要とします。
 
サラリーマンからトップアスリートまで肩の治療をケアしていく中で、気づいた身体の機能について、一部ご紹介します。
 
このページでは、肩の障害に対する一般的な解説は省いて、なかなか具合が改善しない方に対しての、新しい視野を紹介する形を取りますので、理解よりは知るという程度に納めていただければ幸いです。

肩の精密な構造と機能 / その傷害

Shoulder

頭蓋と頸椎は肩こりに関連

頭蓋と頸椎は肩こりに関連

頭蓋と頸椎は肩こりに関連

肩こりの筋肉と一般的に関連する僧帽筋は、副神経と呼ばれる脳神経が支配しています。
この副神経は、発生学的にはエラを動かすための筋肉を支配し、呼吸と関連する神経だったため、人間でも脳神経からなる部分を持っています。

その副神経が頭から出てくる場所が、第一頚椎の前方に位置するため、頸椎と頭蓋での関節である環椎後頭関節の問題によって影響が出てきます。

内臓や発声と関連する神経もそこから出てくるため、発声障害や内臓機能の不調がある方にも重要なポイントとなります。
 

上腕二頭筋腱鞘と大胸筋の関わり

上腕二頭筋腱鞘と大胸筋の関わり

上腕二頭筋腱鞘に付着する大胸筋

上腕二頭筋腱鞘は、それ自体の炎症だけでなく、肩のインピンジメント症候群を回避するためにもとても重要なポイントです。
 では、その腱鞘の機能を制限するのに大胸筋が関わっていることを知る人は少ないです。
 トレーニングで大胸筋の後に二頭筋を鍛えている方は注意が必要です。

 大胸筋の停止部は、「上腕骨の大結節」と一般的には言われていますが、実際には、【上腕二頭筋腱鞘に筋膜を介して接続】している部分が存在します。

 つまり大胸筋の緊張が高まると、停止部の一部である上腕二頭筋の腱鞘を引っ張ることになり、上腕二頭筋腱の滑走が悪くなり、上腕二頭筋腱鞘炎となることがあります。

 上腕二頭筋以外の問題点を探ることが治療の第一歩となります。
 

広背筋と大胸筋の螺旋構造

広背筋と大胸筋の螺旋構造

大胸筋と広背筋の螺旋構造

肩の障害として一般的な腱板損傷・インピンジメント症候群・二頭筋腱鞘炎・五十肩など様々な障害に対する治療として、肩甲骨と上腕骨の運動リズムの調整が一般的です。
 肩に付着する筋肉は、どの角度においても筋肉の張力を一定に図ろうとする構造があり、その構造をきちんと理解して運動リズムの調整を図らなければなかなか改善しません。
 その一部をご紹介します。

筋肉の中には、螺旋構造を持ち、どの角度でも一定の筋張力を持てるようにしています。
肩関節に対して機能する代表的な筋肉である、大胸筋や広背筋もその構造を持った筋肉の1つです。
大胸筋や広背筋のように広い範囲に付着する筋肉は、その付着部位が何らかの影響で不均衡(いわゆる体が歪む)な状態にあると筋張力が保たれず、動きの中である角度にすると抵抗を強めてしまうことになります。

こういったことから肩の問題に対しては、腰や股関節がどのような方向への牽引力を持っているかを評価し、肩に対するストレスを分析していく必要があります。
 

肩鎖関節・胸鎖関節と腱板損傷

肩鎖関節・胸鎖関節と腱板損傷

肩鎖関節と胸鎖関節による肩の衝突回避

「肩甲骨はがし」という言葉ばブームになっていますが、肩甲骨の治療も3つの関節に対して方法を変えなければなりません。
①胸鎖関節に対する肩甲骨の動き
②肩鎖関節に対する肩甲骨の動き
③肩甲胸郭関節に対する肩甲骨の動き
これらの関節の機能検査を行う前に肩甲骨の調整を行うのはあまり意味がありません。
触診・検査・評価・治療・再触診・再検査・再評価を大切に
 

仙腸関節と坐骨神経の関連

仙腸関節と坐骨神経の関連

肩鎖関節と胸鎖関節の異常による胸郭出口症候群

腕や手が張る・痛いなどの場合は、この肩鎖関節と胸鎖関節による胸郭出口症候群が背景にないか、
触診・検査・評価が必要です。

 

肩鎖関節と胸鎖関節の異常による腋窩神経・肩甲上神経の障害

肩の腱板を構成する筋肉を支配する肩甲上神経は腱板損傷の背景に隠れている場合があります。
また、三角筋を構成する腋窩神経もその走行から肩甲骨の問題によって傷害されている場合があります。

肩関節の検査と治療動画

Test and Treatment For Shoulder 

wordpressに投稿している症例報告をご覧になる場合は、
こちらをクリックしてください。

 

他の臨床コラムはこちらからご覧になれます。

 

動作分析と機能評価
※オンラインでもできます

①動作分析

スイングフォーム分析(背面、側面、前面の3方向)
※来院が難しければ、スイング動作を撮影した動画をメールやLINE等で送っていただいても結構です。オンラインでも対応致します。

②問診

スイングに対しての要望や悩み、また身体に対しての違和感や不調などの把握。これまでの怪我や手術の経歴(既往歴)など、体質と経過を把握していきます。

③機能評価

フォームの問題点が体の問題なのか、ただの癖なのかを把握するために必要な理学検査を行い、身体の機能評価を行います。
※来院が難しい場合は、こちらが指定する動作をオンラインの環境で行っていただき、その動きに対する動作分析から身体の状態を把握します。

④リハビリテーション・運動療法・治療

機能評価の結果とフォームの問題点を照らし合わせて必要なリハビリテーションを指導します。また施術によって、関節のスムーズな動きを作ったり、神経の足痛を測り、動きにキレを出していきます。
※来院が難しい場合は、オンラインにて必要な運動療法を指導します。
 
全てオンラインにてできますが、一度でも検査・触診・治療を行ったことがあると分析が正確になります。一度来院されることをお勧めします。
 
通院中の方は無料で動作分析を行いますが、通院されていない方は初診時と同じ料金にて対応致します。

Our Clinic

当院概要

所在地

東京都港区芝5−27−5山田ビル503

最寄駅

JR田町駅 徒歩2分
都営地下鉄三田駅 A3出口 徒歩1分

料金

8,800円(税込)
クレジットカード対応可 Visa , Master , JCB , Amex
初診料2,200円(税込)

(次の予約なく2ヶ月間が空くと初診料が発生します。)

高校生以下6,600円(税込)

訪問(出張)による施術を希望される方は施術代11,000円+交通費

駐車場

当院には駐車場はございませんので近隣のコインパーキングをご利用ください。

休み

日・祝 休み
木・金 午前休み

受付時間

午前:  9:30〜14:00
午後:14:00〜20:00
受付時間外の予約も可能ですので、通勤帰りなどもご相談ください。

連絡先

電話:03-6435-2437
Email:nishimura.ac.office@gmail.com

Web予約はこちら

Web予約

LINE@:LINEからのご予約・ご相談

LINE登録

トップアスリート治療キャリア

マラソン:世界陸上出場

中距離:世界陸上出場

サッカー:海外でセミナー招待(腰痛および膝・股関節障害)

自転車:世界チャンピオン

サーフィン:日本チャンピオン

バレエ:海外プリンシパル

馬術:学生チャンピオン

テニス:学生チャンピオン

ボクシング:五輪メダリスト

ムエタイ:世界チャンピオン

その他、伝統芸能各種

脳神経障害(パーキンソン病・脳梗塞後の麻痺)講義

 

当院の外観・内観