胸郭出口症候群

HOME | 胸郭出口症候群

胸郭出口症候群

Treatment For Thoracic Outlet Syndrome

手や肘の痛みの背景に胸郭出口症候群あり

胸郭出口症候群は 首から鎖骨・胸を通る血管と神経が、 その位置で筋肉や関節の位置異常によって 圧迫され起こる絞扼神経(血管)障害です。

腕を上げた時や、首を振り向いている時、
鎖骨を圧迫するときに圧迫を受けやすいため、
「つり輪をっているとでがだるくなる」
「リュックサックを背負うと腕が痺れる」
などと相談されるケースは多く、
デスクワーク中でも机の高さや姿勢の悪さによっても起こります。

「腕が張る」「腕が浮腫む」「腱鞘炎」「手関節炎」
の背景にも胸郭出口症候群がほとんどの場合において存在していますので、
手や肘の痛みでお困りの方にも同様の治療を行なっています。

当院で行っている細かい診察の仕方についてご紹介します。

検査・治療・症例報告

Physical Test & Treatment & Case Teport

【症例1:肘の痛みと胸郭出口症候群】

胸郭出口症候群とテニス肘・ゴルフ肘の関連

スポーツによる肘の痛み「腱鞘炎・腱炎・関節炎」と言った使いすぎによる痛みも、【疲労回復を遅くさせる要因(神経や血管の圧迫)】によって起こっていることがほとんどです。
スポーツ障害でも、普通の日常生活を送っている方が起こる肘の痛みも、背景に胸郭出口症候群が関係しています。
 
30代 男性 趣味:テニス
 
筋収縮の神経メカニズムについて知りたい方はこちら

【症例2:転倒による背部挫傷と右手のこわばり】

 

 手の強張りの原因に胸郭出口症候群

 

家事や育児による手の痛みは「疲れによるものだから休めば治る」と思いがちですが、仕事量を減らしても一時的に良くなる場合はあれどすぐに再発したり、休んでも治らなかったりするものです。
背中をぶつけるとそこを取り巻く肋骨を辿って胸や腹部の前面も緊張します。例えば、肋間神経痛として症状を感じることもありますが、その時に腕に向かう神経を圧迫を受けると胸郭出口症候群として手の症状をきたします。
 
女性 主訴:肩背中の凝りと右手のこわばり・腫れ・痛み

【症例3:五十肩に対する全身の協調運動】

五十肩や腱板損傷に対する検査と治療

 
腱板損傷や五十肩のように肩の運動障害は、全身の関節や筋肉の協調運動がとても大切です。
どこの関節の影響で肩が痛いのかを問診や視診で確認することは不可能なため、触診と検査によって問題点をあぶり出していきます。 
70代 男性 既往歴:人工膝関節・腰部脊柱管狭窄症・脳梗塞
 
脳神経障害についてはこちら

【症例4:手の腱鞘炎と肩首の神経障害】

 

 手の強張りや腱鞘炎に胸郭出口症候群と頸椎症

 

 
バネ指の多くは、胸郭出口症候群がかなりの確率で関与しています。頸椎症と含めて胸郭の機能をチェックし胸椎・頸椎の治療で指のこわばりが抜け始めます。
特に指が腫れるような浮腫むような状態には、胸郭出口症候群特有の血管の圧迫が背景にあります。
 
60代 男性 主訴:肩背中の凝りと右手のこわばり・腫れ・痛み

肋骨の調整方法(前面から)

肋骨は、前面は胸骨、後面は脊椎と関節を作っています。
前面からコンタクトすることで、胸肋関節の調整が可能です。
 
呼吸法を使い、呼吸と共に動く胸肋関節を調整していきます。
 
女性の場合は、背面から、つまり肋骨と背骨を結ぶ肋椎関節を利用して神経の圧迫部位を取り除いていきます。

胸部の調整方法(背面から)

上部の肋骨は、前面が上方へ、後面が下方へと動くことで胸郭を持ち上げて呼吸をしています。
下部肋骨の場合は、横に広がる機能によって運動が行われるため、胸郭出口症候群のように上部肋骨の場合は、脊椎から伸展の力を使うことで調整できます。

 

鎖骨の調整

【胸鎖関節】【肩鎖関節】の検査と治療

肋鎖症候群と呼ばれる肋骨と鎖骨部分で起こる膏薬には、鎖骨の調整が必要です。


 
女性は「デコルテ」で意識されている部分ですので、普段から左右の違いに気付いている方も多いでしょう。

鎖骨は胸の中心を縦に走る胸骨と、肩甲骨の頂点と接続しています。

胸の中心の胸骨も、体幹のねじれにより傾くことが多いので、全身の状態から胸骨の調整も行います。

肩鎖関節は、転倒などで脱臼しやすい部分ですが、肩甲骨の状態によってストレスを受けやすいため、肩甲骨と合わせて検査治療を行います。
 
動画による説明はこちら

肋骨の調整

下部肋骨の異常も頸椎や肩にストレスをかけます。

①第1・第2肋骨 ②第2〜第4肋骨 ③第5〜下部肋骨
によって違った動きをします。


 
斜角筋症候群では第1・第2肋骨が、過外転(小胸筋)症候群では小胸筋が付着する第2〜第4肋骨が特に重要です。

もちろん第7肋骨など中部・下部肋骨も頸椎を牽引するという点で症状の原因となります。

猫背を胸椎・肋骨の状態で表現すると、屈曲(前に屈む)している状態となります。
肋骨の前方部分が下に落ちると、頸椎の前夫部分も下方へと引っ張られてしまいます。

中には、吸気時に症状が増悪する方がいらっしゃいますが、肋骨の治療が必要になるケースが多いです。
 
動画による説明はこちら

筋力テストで圧迫部位の特定

絞扼神経障害における筋力テストはその場で変化が感じられます。

肘による絞扼神経障害の疑いもあるため、胸郭付近でどこまで改善するかを確認


 
細かい運動を可能にする指の筋肉は、神経が密になって筋肉に付着することで、繊細な動きを可能にしています。
そのため、神経に障害が起きると、大きな筋肉に比べて容易に筋力が低下します。

同様に、神経の圧迫が少しでも取り除かれると、その場で筋力が改善します。

筋力テストは、患者様と我々にとって客観的に身体の状態を把握できるようになるため、様々な症状に対して利用しています。

筋収縮の機序に血管の障害による交感神経を介して異常な筋収縮があります。
胸郭出口症候群は血管の圧迫を伴うため、他の障害よりも交感神経の亢進による筋収縮が起こりえます。下に自律神経症状による様々な症状に対する治療についての説明をしたページへのリンクを用意しました。ご参考までに
 
血管の障害に伴う自律神経障害

【胸鎖関節】【肩鎖関節】の検査と治療

肋鎖症候群と呼ばれる肋骨と鎖骨部分で起こる膏薬には、鎖骨の調整が必要です。

 
※画像クリックで動画の説明に移ります。
 

女性は「デコルテ」で意識されている部分ですので、普段から左右の違いに気付いている方も多いでしょう。

鎖骨は胸の中心を縦に走る胸骨と、肩甲骨の頂点と接続しています。

胸の中心の胸骨も、体幹のねじれにより傾くことが多いので、全身の状態から胸骨の調整も行います。

肩鎖関節は、転倒などで脱臼しやすい部分ですが、肩甲骨の状態によってストレスを受けやすいため、肩甲骨と合わせて検査治療を行います。

下部肋骨の異常も頸椎や肩にストレスをかけます。

①第1・第2肋骨 ②第2〜第4肋骨 ③第5〜下部肋骨
によって違った動きをします。

 
 
※画像クリックで動画の説明に移ります。

斜角筋症候群では第1・第2肋骨が、過外転(小胸筋)症候群では小胸筋が付着する第2〜第4肋骨が特に重要です。

もちろん第7肋骨など中部・下部肋骨も頸椎を牽引するという点で症状の原因となります。

猫背を胸椎・肋骨の状態で表現すると、屈曲(前に屈む)している状態となります。
肋骨の前方部分が下に落ちると、頸椎の前夫部分も下方へと引っ張られてしまいます。

中には、吸気時に症状が増悪する方がいらっしゃいますが、肋骨の治療が必要になるケースが多いです。

絞扼神経障害における筋力テストはその場で変化が感じられます。

肘による絞扼神経障害の疑いもあるため、胸郭付近でどこまで改善するかを確認

 
 ※画像クリックで自律神経と筋収縮についての説明に移動します。

細かい運動を可能にする指の筋肉は、神経が密になって筋肉に付着することで、繊細な動きを可能にしています。
そのため、神経に障害が起きると、大きな筋肉に比べて容易に筋力が低下します。

同様に、神経の圧迫が少しでも取り除かれると、その場で筋力が改善します。

筋力テストは、患者様と我々にとって客観的に身体の状態を把握できるようになるため、様々な症状に対して利用しています。
 
 

 

wordpressに投稿している症例報告をご覧になる場合は、
こちらをクリックしてください。

 

他の臨床コラムはこちらからご覧になれます。

Our Clinic

当院概要

所在地

東京都港区芝5−27−5山田ビル503

最寄駅

JR田町駅 徒歩2分
都営地下鉄三田駅 A3出口 徒歩1分

料金

8,800円(税込)
クレジットカード対応可 Visa , Master , JCB , Amex
初診料2,200円(税込)

(次の予約なく2ヶ月間が空くと初診料が発生します。)

高校生以下6,600円(税込)

訪問(出張)による施術を希望される方は施術代11,000円+交通費

駐車場

当院には駐車場はございませんので近隣のコインパーキングをご利用ください。

休み

日・祝 休み
木・金 午前休み

受付時間

午前:  9:30〜14:00
午後:14:00〜20:00
受付時間外の予約も可能ですので、通勤帰りなどもご相談ください。

連絡先

電話:03-6435-2437
Email:nishimura.ac.office@gmail.com

Web予約はこちら

Web予約

LINE@:LINEからのご予約・ご相談

LINE登録

トップアスリート治療キャリア

マラソン:世界陸上出場

中距離:世界陸上出場

サッカー:海外でセミナー招待(腰痛および膝・股関節障害)

自転車:世界チャンピオン

サーフィン:日本チャンピオン

バレエ:海外プリンシパル

馬術:学生チャンピオン

テニス:学生チャンピオン

ボクシング:五輪メダリスト

ムエタイ:世界チャンピオン

その他、伝統芸能各種

脳神経障害(パーキンソン病・脳梗塞後の麻痺)講義

 

当院の駐車場


 

動作分析と機能評価
※オンラインでもできます

①動作分析

スイングフォーム分析(背面、側面、前面の3方向)
※来院が難しければ、スイング動作を撮影した動画をメールやLINE等で送っていただいても結構です。オンラインでも対応致します。

②問診

スイングに対しての要望や悩み、また身体に対しての違和感や不調などの把握。これまでの怪我や手術の経歴(既往歴)など、体質と経過を把握していきます。

③機能評価

フォームの問題点が体の問題なのか、ただの癖なのかを把握するために必要な理学検査を行い、身体の機能評価を行います。
※来院が難しい場合は、こちらが指定する動作をオンラインの環境で行っていただき、その動きに対する動作分析から身体の状態を把握します。

④リハビリテーション・運動療法・治療

機能評価の結果とフォームの問題点を照らし合わせて必要なリハビリテーションを指導します。また施術によって、関節のスムーズな動きを作ったり、神経の足痛を測り、動きにキレを出していきます。
※来院が難しい場合は、オンラインにて必要な運動療法を指導します。
 
全てオンラインにてできますが、一度でも検査・触診・治療を行ったことがあると分析が正確になります。一度来院されることをお勧めします。
 
通院中の方は無料で動作分析を行いますが、通院されていない方は初診時と同じ料金にて対応致します。